大人の矯正について

大人の歯並びの乱れは治りにくい?


矯正治療は子供が受けるもの、若い人が気にして受けるもの、というイメージをお持ちかもしれませんが、実は年齢に関係なく受けていただけます。
矯正治療の効果は、年齢よりもむしろ歯槽骨(顎の骨)の量に左右されます。歯槽骨が不足していると、たとえ歯が動いたとしても、その後の安定が得られず、後戻りを起こす可能性が高まります。
逆に歯槽骨の量が十分にあれば、たとえ年齢を重ねていても若い方と同等の効果が得られ、また後戻りのリスクも少なくて済みます。
検査を行って事前に確実性をチェックしますので、安心してご相談ください。

こんなお悩み、ありませんか?

こんなお悩み、ありませんか?
  • 子供のときから歯並びに悩んでいる
  • 成人後、歯並びが悪くなった
  • 咬み合わせが悪いと指摘を受けた
  • よくむし歯になるのは歯並びが原因と言われた
  • 目立たない矯正装置を使いたい
  • マウスピース型矯正装置で歯並びが治らなかった

当院の大人の矯正治療

当院の大人の矯正治療

表側矯正

表側矯正

歯の表側に取り付けたブラケットにワイヤーを通し、そのワイヤーの力で歯を動かします。
矯正方法の中でも最も古い歴史と、圧倒的な実績を持ちます。
口を開けると装置が見えるため、目立つことを気にされる方もいらっしゃいますが、歯を動かす力と、ほとんどすべての症例に適応する点では、未だ非常に優れた矯正装置の一つであるといえます。

舌側矯正

裏側矯正

舌側、つまり歯の裏側に取り付けたブラケットにワイヤーを通し、そのワイヤーの力で歯を動かします。
歯を動かす力は表側に取り付ける装置と同等のものを持ち、常に装置が唾液に触れているため、自浄作用によりむし歯のリスクも低減されます。
そしてなんといっても、目立ちません。口の中を覗き込むようにすれば見ることは可能ですが、通常の会話レベルで目につくことはありません。
人をもてなすお仕事・大勢の人前に立つお仕事をされている方に人気の高い矯正方法です。
舌側矯正について、さらに詳しく

インビザライン

インビザライン

マウスピース型矯正装置のうちの一つ「インビザライン」を使用した矯正です。透明の薄い素材でできた装置を装着し、歯を少しずつ動かしていきます。
目立たず、装置の存在が周囲の人に気づかれることはまずありません。痛みも少なくて済みます。ご自身で簡単に着脱可能ですので、歯磨きやお食事の際には外していただけます。
ただし、1日20時間以上装着しなければ、十分な効果は得られません。また、歯並びのガタつきがひどいケース、臼歯の抜歯が必要なケースなどには使用できません。

保定治療

保定治療

矯正装置により歯を動かした後には、必ずアフターケアとして保定装置を装着していただきます。
保定治療期間中は、3~4カ月ごとに通院していただきます。
装着期間は、平均して2年ほどです。

通院頻度・治療期間

矯正治療期間中は、約1カ月ごとに通院していただきます。
治療期間は、平均して2~3年です。

pagetop