舌側矯正について

「目立たない」だけではない舌側矯正の実際

「目立たない」だけではない舌側矯正の実際

舌側矯正では、歯の裏側にブラケットを取り付け、そのブラケットにワイヤーを通して歯を動かします。
ブラケットが歯の表側に取り付けられる一般的な矯正治療と比べると、歯科医には高度な技術が求められますが、十分な技術と知識があれば、非常に有効な矯正方法といえます。
舌側矯正治療では、装置が歯の裏側に取り付けるため目立ちません。しかし、舌側矯正のメリットはそれだけではありません。

舌側矯正のメリット・誤解

しっかり動く

舌側矯正は、表側矯正と同等の力で歯を動かします。裏側にあることで装置の効果が薄れることはありません。
「目立たず」、かつ「しっかり歯を動かせる」のは、舌側矯正の最大のメリットといえます。

むし歯になりにくい

表側矯正と異なり、装置が常に唾液に触れているために、自浄作用が働きます。装置の周りがむし歯になるリスクを下げてくれます。

歯磨きも難しくない

装置が裏側にあるため、歯磨きの際には少し戸惑うかもしれません。ただ、これは表側矯正治療を受けている方の歯磨きにもいえることです。初めにしっかりとコツを教われば、歯磨きが難しいということはありません。

治療期間も長くならない

装置は歯の裏側にありますが、ブラケットとワイヤーにより、表側矯正と同等の力で歯を動かします。舌側矯正だからといって、治療期間が長くなることはありません。

舌側矯正のデメリット

歯の裏側に装置を正しく取り付ける技術と適切に調整できる知識があり、治療中のケアをしっかり行えば、舌側矯正に特別なデメリットは見当たりません。
ただし、治療を開始した直後は、舌に装置が触れる違和感が気になる方がいらっしゃいます。1~2週間程度もすれば、慣れてごく普通に使用していただけますので、心配する必要はありません。
また、この違和感は表側矯正でも装置と頬の内側の間で同じように生じるもので、舌側矯正特有のデメリットではありません。

高度な技術と豊富な経験により実現する、確かな舌側矯正

高度な技術と豊富な経験により実現する、確かな舌側矯正

当院院長は、これまで多くの舌側矯正治療を行ってまいりました。舌側矯正の効果を確かなものとするためには、高度な技術と豊富な経験が欠かせません。
「舌側矯正をしたい」と言って来られる患者様も多く、現在も一人ひとりのご要望に丁寧にお応えし、目立たずしっかり動く矯正治療を実践しております。
当院院長は、日本舌側矯正歯科学会会長を務め、世界舌側矯正歯科学会(WSLO)・ヨーロッパ舌側矯正学会(ESLO)の認定医でもあります。さまざまな症例への対応力にも長けておりますので、安心してご相談ください。

pagetop