インビザライン

インビザライン®︎とは

インビザラインⓇとは

インビザラインとは透明のマウスピースを一定時間歯に装着することによって歯並びを整える矯正方法です。歯科医院からマウスピースを受け取1〜2週間ごとに新しいマウスピースを装着していきます。マウスピースは最初にまとめて制作するので頻繁に歯科医院に通って歯型を取る必要もありません。
※ただし2〜3ヶ月に1回は歯の状況を確認するためご来院ください。

インビザライン®︎はこのようなお悩みの方におすすめです

  • 矯正治療は受けたいが、見た目が気になる方
  • 矯正治療中でもお食事を楽しみたい方
  • 事前に治療後の歯並びをコンピューターシュミレーションで確認したい方

インビザライン®︎の特徴

透明なマウスピースのため矯正治療していることを気づかれない

ワイヤー矯正は歯の表面に矯正装置を付けますが、マウスピース矯正は薄い透明のマウスピースを歯に装着するだけなので、矯正治療中ということに気付かれにくいです。
お仕事で人と接する機会が多い方にも非常に人気の矯正装置です。

マウスピースの取り外しが行えるため矯正中でも食事が楽しめる、歯ブラシがしやすく清潔

お食事の際はマウスピースをはずしていただけるので矯正装置に食べ物が詰まるなどの心配もなく普段と変わらない食事が楽しめます。また歯ブラシの際もマウスピースを外して行えますので清潔です。

金属アレルギーの方も治療が可能

マウスピースはプラスチックでできているため、金属アレルギーの心配はありません。
またワイヤーで口腔内を傷つけてしまうこともありませんので、激しいスポーツをされている方にも安心です。

治療計画が立てやすい

3Dコンピュータシュミレーションを使って治療後の歯並びを事前に確認することができるので、安心して治療を開始していただけます。

デメリット

  • 抜歯が必要で大きな歯の移動を行う場合、外科手術を併用した治療が必要な場合など、症例によっては治療できないケースもあります
  • 1日20時間以上装着しないと計画通りに進まないことがあります
  • 装置装着時に滑舌が悪くなる場合があります

pagetop